行政手続法(総論)2

不利益処分とは、行政庁が、法令に基づき、特定の者を名あて人として、直接に、これに義務を課し、又は申請を拒否する処分である。(平成23年出題)

↓↓↓↓↓解答は画面を下へスクロール↓↓↓↓↓

行政書士講座






【解答】NO

 

不利益処分とは、直接行政庁が、法令に基づき特定の人を名あて人として、その人に義務を課すか、その権利を制限する処分のことです。行政手続法2条4号の規定です。

行政手続法2条4号
この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
 四 不利益処分 行政庁が、法令に基づき、特定の者を名あて人として、直接に、これに義務を課し、又はその権利を制限する処分をいう。ただし、次のいずれかに該当するものを除く。
  イ 事実上の行為及び事実上の行為をするに当たりその範囲、時期等を明らかにするために法令上必要とされている手続としての処分
  ロ 申請により求められた許認可等を拒否する処分その他申請に基づき当該申請をした者を名あて人としてされる処分
  ハ 名あて人となるべき者の同意の下にすることとされている処分
  ニ 許認可等の効力を失わせる処分であって、当該許認可等の基礎となった事実が消滅した旨の届出があったことを理由としてされるもの

つまり、申請により求められた許認可等を拒否する処分その他申請に基づき当該申請をした者を名あて人としてされる処分は、ただし書きのロにより、適用除外となっています。

 

そこで、設問の解答はNOとなります。

ページ上部へ戻る