行政組織法(地方自治法)4

地方自治法における執行機関は、行政官庁の命を受け、実力をもって執行することを任務とする機関をいう。(平成23年出題)

↓↓↓↓↓解答は画面を下へスクロール↓↓↓↓↓













 

【解答】NO

 

設問で記述している「行政官庁の命を受け、実力をもって執行することを任務とする機関」とは、行政学を勉強する上での執行機関(例えば、警察官や消防署職員など)の定義です。

地方自治法では、執行機関とは、普通地方公共団体の事務を、自らの判断と責任において、誠実に管理し及び執行する義務を負っている機関――と規定しています。地方自治法138条の2の規定です。

地方自治法138条の2

普通地方公共団体の執行機関は、当該普通地方公共団体の条例、予算その他の議会の議決に基づく事務及び法令、規則その他の規程に基づく当該普通地方公共団体の事務を、自らの判断と責任において、誠実に管理し及び執行する義務を負う。

 

地方自治法上の執行機関とは、普通地方公共団体の長のほか、法律の定めるところにより置かれる委員会や委員が該当します。地方自治法138条の1第1項の規定です。

地方自治法138条の1第1項

普通地方公共団体にその執行機関として普通地方公共団体の長の外、法律の定めるところにより、委員会又は委員を置く。

 

なお、ここで言う委員会とは、例えば、教育委員会、公安委員会、選挙管理委員会、監査委員などの行政委員会のことです。

 

↓↓↓

第141回「地方公共団体の機関」を参照してください。

ページ上部へ戻る