経済(国内経済)2

日本銀行は「国内政策の銀行」として、公開市場操作、預金準備率操作などの金融政策を行う。しかし、「円売りドル買い」などの外国為替市場への介入は行わない。(平成23年出題)

↓↓↓↓↓解答は画面を下へスクロール↓↓↓↓↓














 

【解答】NO

 

設問前半の、日本銀行は「国内政策の銀行」として、公開市場操作)、預金準備率操作などの金融政策を行う――という記述は正しいです。

 

しかし、政府の要請等により、「円売りドル買い」などの外国為替市場への介入も行いますので、後半の記述は間違っていることになります。日本銀行法40条の規定です。

 

日本銀行法40条

1 日本銀行は、必要に応じ自ら、又は第三十六条第一項の規定により国の事務の取扱いをする者として、外国為替の売買を行うほか、我が国の中央銀行としての外国中央銀行等(外国の中央銀行又はこれに準ずる者をいう。以下同じ。)又は国際機関(我が国が加盟している国際機関をいい、国際決済銀行を含む。以下同じ。)との協力を図るため、これらの者による外国為替の売買の事務の取扱いをする者として、外国為替の売買を行うことができる。

2 日本銀行は、その行う外国為替の売買であって本邦通貨の外国為替相場の安定を目的とするものについては、第三十六条第一項の規定により国の事務の取扱いをする者として行うものとする。

3 日本銀行は、第一項の規定により我が国の中央銀行としての外国中央銀行等又は国際機関との協力を図るため、自ら、又はこれらの者の事務の取扱いをする者として行う外国為替の売買のうち、国際金融面での協力に該当するものとして財務大臣が定めるもののため行う外国為替の売買については、財務大臣からの要請に基づき、又はあらかじめその承認を得て、行うものとする。

 

↓↓↓

日本銀行の業務について、第166回「国内経済」を参照してください。

ページ上部へ戻る