総則(権利の主体)1

胎児に対する不法行為に基づく当該胎児の損害賠償請求権については、胎児は既に生まれたものとみなされるので、胎児の母は、胎児の出生前に胎児を代理して不法行為の加害者に対し損害賠償請求をすることができる。(平成24年出題)

↓↓↓↓↓解答は画面を下へスクロール↓↓↓↓↓













【解答】 NO

判例によれば、出生前に母親が代理して損害賠償請求できない――とされています。

  

まず、胎児の損害賠償請求に関する民法の規定を見てみましょう。
 

民法721

胎児は、損害賠償の請求権については、既に生まれたものとみなす。

 

これにより、問題文の前半の部分は正しいことが分かりますね。
 

 次に、胎児の母が胎児の出生前に胎児を代理して法律行為をできるかを考えなくてはなりません。

これに関する民法の規定はありませんが、判例によれば、出生前に母親が代理して損害賠償請求できない――とされています。昭和7年10月6日の最高裁判所の判例です。
 

↓↓↓

第49回「私権の享有と権利能力」の権利能力の始期と終期を参照してください。
 

ページ上部へ戻る